やっかいなOBのルールをわかりやすく解説

プレーの禁止されている区域のことをOB(アウト・オブ・バウンズ)といいます。

打ったボールがOBになった場合は、1罰打付加して、もとの場所から打ち直しになります。
同様に打ったボールが深いラフや林の中に飛び込んで行方がわからなくなった場合は紛失球になり、この場合も1罰打になります。

紛失球に行方がわからなくなって5分以内に発見できなかった場合です。この時間も要注意ですね。

さて、実際にゴルフクラブでボールを打つと200ヤード・250ヤードと先に飛んでいって、OBなのか、またはセーフなのかが分からなくなるときがあります。

こんな時に使うのが「暫定球」です。

「暫定球を打ちます!」と宣言をしてから、とりあえず別のボールを打つことが可能です。

最初に打ったボールを発見してこれがOBでも紛失でもなかった場合は最初のボールがあると思われる場所に来るまで、暫定球を何度打っていようとも、その打数は数えません。

プレイヤーはあくまで最初に打ったボールでプレーすることができます。

もし最初のボールがOB・紛失球の場合は暫定球がインプレーのボールとなります。

この時にはOBの1罰打が加算されるため、3打目のボールとなります。

では1打目も暫定球もどちらもOBだったら…

その場合は元の場所から打ち直しでなんと5打目として打ち直します…。ゴルフのOBはくれぐれもご注意ください。

もう一つ気をつけなければいけないのが、最初のボールを発見したとき、プレイヤーが既にその地点を通りすぎていて、それよりホールに近い場所で暫定球をプレーしていた場合は、最初のボールは紛失したものとして見なされます。