ゴルフを始める前にこれだけは気をつけておきたいこと!

まずは大前提ですが、遅刻は厳禁。

仲間内のゴルフコンペの場合は問題ないですが、公式競技などではスタート時間に遅れた場合は5分以内の場合は2罰打、5分以上の場合は失格というものがあります。

ゴルフ場に到着したらまず確認するのがローカルルール。

ローカルルールとはJGA(日本ゴルフ協会)が定めたルールとは別にそのゴルフ場だけで存在する特別ルールのことです。例えば以下のようなものがあります。

OBの境界線は白い杭で掲示する
樹木の支柱は動かせない障害物とみなす
使用していないグリーンに乗ったボールはホールの外にドロップする

大抵はゴルフ場に掲示されていたり、スコアカードの裏に書いていることが多いので、まずはこの内容を確認しましょう。

続いてはゴルフクラブの本数。ラウンドする時の本数は14本以内と決められています。

またこの14本はラウンド中のものなので、はじめに10本持っていっているのであれば後から2本補完することができます。

たまにあるのがアイアンのグリップが取れてしまうなど取り替えなどを考慮すると少し余裕を持っていった方がいいですね。

また練習などではありえるのかもしれませんが、同伴競技者間のゴルフクラブの貸し借りもNGです。

最後にボール。プレーヤーは紛失球などルールで許されていない限りはティグランドからプレーしたホールをホールアウトスルまではボールを変更してはいけません。

たまにあるのがボールの間違い…この場合も2罰打になりますので気をつけてください。

実際のラウンドでは何が起こるかわかりませんので、しっかりと自分のボールだということを示しておいた方がよいですね。