スルー・ザ・グリーンの基本ルール

ティショットはスコアのいい順に打つのが原則ですが、その後の2打目からはカップから遠い順に打っていきます。

これを遠球先打の原則といいます。

ちなみにひとつのホールの中で

①ティグラウンド
②ハザード
③今使用しているグリーン

を除く全地域を「スルー・ザ・グリーン」といいます。

ルール上の規定はありませんが、この「スルー・ザ・グリーン」の中央部分を「フェアウェイ」といいます。

例えばプレー中に木の根と根の間にすっぽりはまっていて打ちようがなかったり、どうやっても打てないような状況に陥ることがあります。

こんなときに使うのが「アンブレアブル」。プレイヤーがアンプレアブルを宣言すると、自分のスコアに1罰打して、次の3つのうちいずれかの方法でプレーを続けることができます。

①最後にプレーした場所にできるだけ近い場所にできるだけ近い地点に戻ってドロップし、その地点から次のストロークを行う
②ボールのある地点とカップを結んだ後方線上にドロップし、その地点から次のストロークを行う
③ボールのある地点から2クラブレングス以内の範囲でかつカップに近づかない地点ににそのボールをドロップし、次のストロークを行う。

ドロップはまっすぐ立って、ボールを手で持ち、腕をまっすぐ伸ばして肩の高さに保ちボールを落とします。必ずプレイヤー本人が行ってください。

またプレイ中によくあるのがコースの中に落ちている石ころ・または枯れ葉・木の葉などの自然物があってプレーの邪魔になること。(激安コースなどは多いですね)

この自然物を ゴルフでは「ルースインペディメント」と行って、これは無罰で取り除くことが可能です。

ただこの時にボールを動かしてはいけません。万が一ボールが動いてしまうと1罰打になります。

ただしこれはグリーン上では特別規定があり、動いてしまっても罰はありません。